自動車運転再開支援講習

自動車運転再開支援講習は、高次脳機能障害(脳疾患)の方に対して実施する講習です。

自動車運転再開支援講習とは

脳卒中などの病気や交通事故などの頭部損傷により脳に障害を受け、高次脳機能障害(※)を有する方が、治療やリハビリによりある程度回復し、自動車運転を再開されたいという要望があった場合、病院等からの要請に基づき実車指導を行います。

(※)日常生活または社会生活に制約があり、その主たる原因が、記憶障害、遂行機能障害、社会的行動障害、注意障害などの認知障害によるもの。

自動車運転再開支援講習実施の流れ

1.(原則として)病院等を通じてのお申し込み

自動車運転再開支援を希望した脳損傷患者で、かつ、医師が運転再開の可能性があると判断した次の方が対象

  • 歩行が自立している方
  • 身の回りのことが自分ででき、一人で外出できる方
bl_yajirushi_60px

2.事前に病院等の関係者様とお打ち合わせをさせていただき、講習実施日時を決定

bl_yajirushi_60px

3.講習は「自動車運転再開支援講習カリキュラム」に従い、(出来る限り)病院等の関係者様立会いの下実施

bl_yajirushi_60px

4.講習終了後、運転アドバイス(受講者様の運転可否の判断は行いません)

bl_yajirushi_60px

5.「自動車運転再開支援講習終了証明書」を交付

講習の内容と費用

初回講習(110分)

  • 視力検査
  • 適性検査
  • 運転技能
  • 運転アドバイス
    • アドバイスカード「試乗評価表」及び「運転技能チェックシート」を活用し、今後の運転についてアドバイスを行います。

講習料金 / 7,000円(税込7,700円)

追加講習(50分、任意)

  • 運転技能
  • 運転アドバイス
  • アドバイスカード「運転技能チェックシート」を活用し、今後の運転についてアドバイスを行います。

講習料金 / 5,000円(税込5,500円)

主な障害の名称とその特徴

記憶障害

  • 昨日の事を覚えていない。
  • 約束を忘れる。
  • 新しい事を覚えられない。

遂行機能障害

  • 日常生活や仕事の内容を上手く整理・計画・処理の実行が出来ない。

社会的行動障害

  • 自宅や社会でトラブルが多い。衝動的で怒りっぽい。

注意障害

  • ちょっとしたことで気が散りやすい。
  • ボーっとしている。
  • 二つの事を同時に行えない。
  • 動作や作業の切り替えができず続けてしまう等。

失語症

  • 話す・聞く・読む・書くことの障害

半側空間無視

  • 片側(主に左側)に注意が向かず歩いているとぶつかる。
  • ご飯やおかずの片側(主に左側)が残っていることに気が付かない。

失認症

  • 家族を見てもわからない、リンゴを見ても分からない等。

失行症

  • 歯ブラシの使い方が分からない。
  • お茶が上手く淹れられない等。

page top